電子書籍「今だから稼げる厳選18の副業で毎月8万を稼ぎ出す究極の副業ハンドブック」がベストセラーを獲得です!

QubitTech(キュービテック)の投資は信用できる?ハイプ詐欺か徹底検証!

キュービテック投資

2020年8月より運用が開始された「QubitTech(キュービテック)」という投資案件を知っているだろうか?

 

おそらく「何それ?」って方もきっと多いことだろう。

 

それもそのはず、まだ運用が開始されて1ヶ月ほどしかたっていないため、まだ知名度はそれほど高くないのだ。

 

「まだ運用されて間もない」というだけで投資ビジネスの中では結構ホットな話題になるのは間違いないのだが、おそらくこれから数ヶ月先には恐ろしいほどの注目を浴びる投資案件になる可能性があるのがこのキュービテックだ。

 

その理由は「月利25%」という超ハイスペックな配当が設定をされているということに他ならない。

 

投資の知識が少しでもある方であれば、

 

月利25%?そんなの詐欺にきまってる!!

 

と思われる方がほとんどだと思う。

 

当然そんな話は、当然疑ってかかるべきだ。親鳥の運ぶエサを、口をあけてただただ待つヒナのように振るまってはいけない。

 

今回のトッピックはずばりキュービテックの信用・信頼性について検証をしていく。

 

投資家であるあなたの信用に値するものになりうるのか?

 

それをあなた自身でしっかりと把握をしてほしい。

 

 

QubitTech(キュービテック)はハイプ案件ではないのか

 

まずは当然キュービッテックが詐欺案件ではないのかという検証が第一だ。

 

ただ投資に関する知識があまりない方もいるかと思うので、簡単に投資に関する詐欺案件の世界をまずは説明することにしよう。

 

 

投資世界の詐欺「HYIP(ハイプ)」とは

 

いわゆるこういった投資案件の不安につき物なのが、「投資したお金を持ち逃げされないか?」ということである。

 

この行為は通称「飛び」と表現されることが多く、ある程度の資金が集まったところでサイトをClose(閉め)してすべて無かったことのように資金をガッポリと頂いてしまう。そんな悪質なことを考える人間が後を絶えないのが現実だ。

 

これは通称「ハイプ(HYIP)」といった名称の詐欺案件として取り上げられることが多い。

 

そもそもその「ハイプ」って何?。

 

なんて疑問を頂く方もいると思うので簡単に説明をしよう。

 

ハイプはある詐欺行為の総称のようなもので、その代表例としてみなさんが聞いたことのあるネーミングでいうと「ねずみ講」というものがある。

 

出資者に人を紹介させていき、出資者には紹介者の支払った金額の一部をバックするといった「無限連鎖講」と定義された詐欺の手口がこれだ。

 

ただ投資の世界ではこれを「ポンジスキーム」と呼ぶことが多い。

 

「日利1%!」とか「月利40%!」など、高利回りの運用が可能と謳いながらも実際に資産運用はせずに、出資金をそのまま出資者に返す、というものがこれだ。

 

どういうことかと言うと、例えばあなたが出資金100万を出して毎月20万を得られるという月利20%の案件に手を出したとしよう。

 

単純計算で5ヶ月で出資金の額を回収することができ、6ヶ月目以降は純粋な利益・・になるハズだが実はそうはならない。

 

出資金をそのまま返しているだけにすぎないので、実質5ヶ月でこの運用は破綻することになる。

 

ただあなた以外にも出資者が多数いた場合は、そちらの方からも資金を回すことが可能になるので、あなたへの6ヶ月目以降の配当金の支払いが可能になるのだ。

 

つまり出資が多くなればなるほど、暗黒組織の蓄えている資金が純粋にどんどん増えていく・・そして「しめしめ・・出資者の人数もそろそろ限界だな」と判断されたタイミングで、資金を持ち逃げ(飛び行為)されてしまうというわけだ。

 

いわずもがなこれは詐欺行為の代表例である。

 

今の例が月利20%だが、キュービテックはまさかの【月利25%】??

 

う~ん、ますます怪しくなってきた。笑

 

やはりまずは検証が必要のようだ。

 

 

QubitTech(キュービテック)の経営陣を検証

 

まずは実際にキュービテックを運営する経営陣を徹底的に検証することから始めよう。

 

投資界の詐欺案件をさぐるには、実はこの方法が1番手っ取り早い。

 

なぜかというと詐欺の手口として、最初は「こんなすごい経営陣が運営しているんだぞ!」ということを打ち出して投資家を安心させるわけだが、よくよく調べてみるとそれは「実在しない架空の人物」であることが判明したりするケースが殆どだからだ。

 

人物の画像に関しても、今や無料画像やネット上にどこの誰かも分からない画像がゴロゴロしているわけで・・悪いことを考える人たちにとっては、どれも使い放題というわけだ。

 

では早速キュービテックの経営陣を探っていこう。

 

 

GregLimon(QubitTech CEO)

 

なんといってもまずはCEOの存在だろう。

 

キュービテックのCEOを務めるのは「GregLimon(グレッグ・リモン)」という人物だ。

 

キュービテック_CEO

 

この画像は実際にキュービテックのサイトから日本語版の資料をダウンロードしたものを載せているのだが・・う~ん怪しい。

 

グレッグ・リモンの「レッグ」が「脚(=英語でレッグ)」に置き換わっているではないか!笑

 

とはいってもここだけでは「完全なクロ」とは断定できないので、詳細について掘り下げていこう。

 

 

「DigiCrypts Blockchain Solutions Inc.」の役員

 

この「GregLimon」という人物は、カナダで上場をしている「DigiCrypts ブロックチェーンソリューションの役員を務めていることが判明した。

 

そのことは会社のHPにもちゃんと掲載されている。

 

Gregさん

 

詐欺の場合はこうした情報すらキチンと出てこないことがほとんどだ・・これで少し信用に値するポイントが見つかったぞ。

 

ちなみに「ブロックチェーン」は未だに仮想通貨や金融のイメージが根強く残っているが、実はその透明性と分散型台帳機能は、政治や教育など日常に密接する様々なジャンルに非常に有力な手法として今注目されている。

 

「GregLimon」はそんなブロックチェーンプロジェクトにて3億ドル以上を調達したかなりやり手の実力者でもある。

 

まだまだこのブロックチェーンは未知の可能性を秘めているといっても言いすぎではないだろう。

 

そんな世界において「GregLimon」の実力はまだまだこれから期待されているといっていい。

 

「GregLimon」と呼び捨てにするのは気がひけるので、ここからは「Gregさん」と呼ぶことにしよう。

 

 

ICOBenchでTOP20

 

GregさんはICOの BenchでTOP20に選ばれている。これも評価にあたる実績といえるだろう。

 

投資家のみなさんならご存知だと思うがICO Benchとは、プロの投資家と専門家によるICO評価サイトのことである。

 

もっと細かく説明をするとICO Benchは、投資家はもちろんメディアや法律、銀行などの専門家が、チーム・製品・ビジネス戦略・レジリエンス(適応能力)の4点について評価したもので、毎日1回更新される。

 

世界約400カ国、4000人を超えるICO情報が登録される中、Gregさんの20位ランクイン入りはかなりの実績であるといえる。

 

 

Gregさんは投資やブロックチェーンの世界においてかなりの功労者であることが分かった。

 

もしキュービテックが詐欺であったら、その時点でGregさん自身のこれまでの功績や「DigiCrypts ブロックチェーンソリューション」の会社が破綻する自体に陥るだろう・・これはかなりの事件だ。

 

さて、ではもう少し他の人物にも探りをいれていくことにしよう。

 

 

Jorge Sebastiao(QubitTech 最高技術責任者)

 

次に紹介をするのがこちらの人物、「Jorge Sebastiao」だ。

 

キュービテックの最高技術責任者を担う、非常に重要な人物である。

 

Jorge Sebastiao

 

なんとも女好きでいやらしそうな顔つきをしたおじさんだが・・そこは置いといて詳細を探っていこう。

 

すると早速驚くべき事実が判明した!

 

この「Jorge Sebastiao」はなんとあの「HUAWEI(ファーウェイ)」の最高技術責任者(CTO)だったのだ!

 

ファーウェイCTO

 

HUAWEIについては個人的にいいイメージを持っていない方も多いかもしれないが、これはかなりテンションがあがる情報だ!

 

いまやスマホシェアがサムソンに次ぐ2位に急浮上したHUAWEIのCTOだったとは・・これからはJorgeさんと呼ぶことにしよう。

 

つまりJorgeさんは、なんとキュービッテックとHUAWEIの両CTOを兼任する形というわけだ。

 

これはかなり信用にあたる情報をゲットできたといえるだろう。

 

 

 

以上のようにキュービテックの重要人物であるGregさんとJorgeさんの2人を取り上げたわけだが、少なくともこの二人には確固たる実績と、確かな情報を確認することができたといえるだろう。

 

実際にキュービテックが詐欺であった場合、この2人の取られる措置はどうなるのであろうか。

 

詐欺罪で捕まることはもちろん、「DigiCrypts ブロックチェーンソリューション」と「HUAWEI」の2つの会社は大きすぎるほどの損失をこうむることは間違いない。

 

その他の可能性として、GregさんとJorgeさんの2人の名前と画像を了承なくキュービテックという会社が悪用しているのでは・・という線ももちろんあるが、現状そういった報告はなされていない。

 

むしろ「月利25%」とこれだけ騒がれているキュービテックという会社の存在を、この2人が知らない・・という可能性は非常に低いものと思われる。

 

しかし万に一つでもキュービテックが悪用していたとしたなら、この投資案件が一瞬でポシャる危険性は否定できない。

 

 

まとめ

 

さて2020年8月にスタートし、これから注目を浴びること間違いなしのキュービテックの投資案件だが、あなたの関心度はどのくらいであろうか。

 

投資経験がある方であれば非常に興味深いところだとは思うが、今回の記事ではまず「キュービテックの安全性・信用性」についてツラツラと調査結果を書いてみたが、まとめるとこうである。

 

キュービテックの詳細情報

【経営陣】

GregLimon(CEO)

・DigiCrypts ブロックチェーンソリューションズ役員

・ICOの BenchでTOP20に入る実力者

Jorge Sebastiao(CTO)

・HUAWEIの最高技術責任者

 

あなたの判断しだいにはなるが、もし仮に万が一この案件が詐欺であったとしても、1~2年ほどは「飛び」などは起こりづらく運用が続けられる可能性が高いため、お試しで投資をしてみるのもいいかもしれない。

 

QubitTechの収支運用をリアルに報告!今一番稼げる投資案件は本当か!?
QubitTech(キュービテック)を実際に運用している数字をリアルに報告していく。月利25%や複利、アフィリエイトプログラムまで組まれているこの案件が、本当に稼げる案件なのかを検証するためだ。サイトログイン後の毎日の利息の確認方法なども取り上げているので、これから投資を始めようと考えている方にも是非参考にして頂きたい。

 

投資
Zawaをフォローする
著者

会社員という身でありながら副業にもストイックに取り組む副業リーマンです。

稼げる副業の紹介とhow toを惜しみなく取り上げた「今だから稼げる厳選18の副業で毎月8万を稼ぎ出す究極の副業ハンドブック」が、Amazon Kindleの電子書籍ランキングのオンライン・マーケティング部門において1位(ベストセラー)を獲得!

ブロガーとしての立ち位置も大事にしながら、ネットを中心に自身が得た知識を大量放出中です!

Zawaをフォローする
トレビジ!

コメント

  1. […] QubitTech(キュービテック)の投資は信用できる?ハイプ詐欺か徹底検証!2020年8月より運用が開始している今激アツの投資案件がQubitTech(キュービテック)だ。月利25%を謳い非常に怪しい案件だ […]

タイトルとURLをコピーしました